平成27年度教員免許更新講習

H27.7.5

昨日は、文部科学省より認可を受けた「教員免許更新講習」のお手伝いで、朝から夕方まで浦和にいました。

免許更新って、“何”と思われる方もいると思いますので、説明しておきますと、保育園の先生は、「保育士資格」が必要。
幼稚園の先生は、「幼稚園教諭の教員免許状」が必要です。

この教員免許状については、小学校・中学校・高等学校の教員免許状と同じように、2009(平成21)年度から「教員免許の更新制」が始まりました。これまで取得すれば生涯有効だった教員免許に、一律10年間の有効期間を定め、10年ごとに「免許更新講習」を受けて修了認定されないと免許が失効する、という仕組みです。

講習の内容は、いわゆる必修部分に当たる「教育の最新事情に関する事項」が12時間、教員個人の専門領域などに応じて選択する「教科指導、生徒指導その他教育内容の充実に関する事項」が18時間で、合計30時間となっています。

免許更新講習の修了に当たっては、必ず筆記や実技などによる修了試験を実施することになっています。つまり、ただ座って講習を受けただけでは、免許更新はできないようになっているのです。

とはいえ、修了認定のレベルは、きちんと講習を受けていればほんどの人が修了を認められる程度に抑えられていて、仮に試験に落ちても、免許更新期限が切れる前ならば、何回でも講習を受け直すことができるようになっています。

今日は、その教員免許更新講習が浦和で開催されましたので、そのお手伝いです。

お休みを返上されて、講習を受けられた先生方、また、運営に携われた先生方、大変お疲れ様でした。

尚、余談ですが、今日は全く写真を撮っていませんので、講習会の様子は大宮みどりが丘幼稚園のブログでご覧下さい。→ショコラブログ
佐藤先生、リンクさせていただきました。ありがとうございます。