子どもを伸ばす言葉

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

H25.9.11

子どもを伸ばす言葉には、いろいろなものがあると思いますが、

子どもに劣等感を与えず、自信を持たせる言葉は、すべて“子どもを伸ばす言葉”になると思います。

最近読んだ本から、参考になるものを一つ。


(●・ω・)ノ「愛される人生」kkロングセラーズより(●・ω・)ノ---------start---------

「ウチの子が勉強しないんです」って、ウチの子のせいじゃない。
 親が子どもに、「おまえはホントに頭いいねぇ」って、いってあげればいいんです。「頭いいねぇ」って何回もいうの。
 すると、子どもは不思議そうな顔でいう。
「でも、お母さん、オレ、勉強とかできないよ」
 そしたら、お母さんはこうやっていうんです。
「そんなことはどうでもいいんだよ。おまえ、かしこい顔してるもん。かしこい顔してたら、頭いいんだよ」
(○・ω・)ノ----------end---------- 


人は暗示にかかりやすい。特に子どもはそうです。言葉の力を利用しない手はありませんね。