永年勤続表彰

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

H30.8.28

今日は浦和の埼玉会館で、第32回(公社)全埼玉私立幼稚園連合会 教職員中央大会&幼児教育フォーラムが開催されましたので、私も含め教員全員で参加してきました。

第Ⅰ部の中央大会では、今年も幼稚園教諭として15年、10年、5年の勤続表彰が実施され、15年表彰者69名、10年表彰者119名、5年表彰者324名が各表彰に合わせて起立する中、各1名ずつの代表者が登壇し、四ッ釜会長より表彰状を受け取りました。

そして、最後に例年表彰者を代表しての謝辞がありますが、今年は当園のA先生がその大役を任され、堂々と舞台の上で謝辞を読み上げ、お役目を果たしてくれました。A先生、大変お疲れ様でした。

当園の今年度の永年勤続表彰者は3名ですが、
昨年度の5名と合わせると、2年間で8名の先生が勤続の表彰状をいただいたことになります。

そう考えると、みんないつの間にかベテラン…、月日の経つのは本当に早いですね。

第Ⅱ部の講師の杉田先生が、体感時間は年齢分の1という話をされていましたので、特に早く感じるのは年のせいかもしれませんが ……。

とにかく、長く勤務していただいている先生たちには感謝です。

“心からありがとうございます”

岩槻区内幼稚園の運動会日程

イメージ 1

まもなく2学期のはじまり…

9月、10月は運動会シーズンになります。

各地で運動会が開催されますが、幼稚園の運動会は、園児の姿、保育者の姿勢、プログラム、集まった保護者の様子など、園それぞれにカラーが表れます。

今年度の区内幼稚園の運動会は、下記の日程で開催されますので、ブログをご覧の皆さんに情報としてお知らせしておきます。

○ご覧になる場合はココをクリック→岩槻区内幼稚園運動会日程
※掲載は、幼稚園協会加盟園のみとなります。

道徳の教科化

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

H30.8.22

今日は午前中、さいたま市役所で道徳教育推進の委員会がありましたので、出席してきました。

みなさんは、道徳の教科化って、ご存知ですか。


幼稚園には、道徳性の芽生えを培うための授業はありませんので、生活の中で友だちとのかかわりを深め、思いやりの気持ちが持てるようになったり、きまりの大切さに気付いたり……。

また、親子の関係では、自分が愛されているという安心感をもち、優しくされて初めて、他人にも優しくなれると思うので……。

幼稚園の役割もそうですが、親の役割もとても大切だと思うのです。

新たな気持ちでスタート

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

H30.8.20

今日から後半の預かり保育が始まりました。

個人的には、お盆の終わりと共に夏休みも終了したも同様なので、昨日は“これからまたがんばるぞ!ということで、東国三社をまわってきました。

東国三社とは、鹿島神宮、香取神宮、息栖神社の三つを指します。

この三つを参拝すると、伊勢神宮に一度参拝したのと同じ御利益を頂けるとの……。

幕末までは、神宮と名乗れたのは、伊勢、鹿島、香取の三つだけ……。

そんなありがたい東国三社を参拝して、今日からまた新たな気持ちでスタートです。


感動体験の必要性

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

H30.8.18

今日は、岩槻文化公園を会場にしてのさいたま市花火大会が開催されました。

ご覧になった方も多いと思います。

私も幼稚園から花火を見ていましたが、きれいでしたね。

生物学者レイチェル・カーソンは、著書『センス・オブ・ワンダー』の中で、「子どもの心と感性を育てるには、目に見えないものを美しいと感じ、喜びを分かち合う大人が、子どもの周りに一人いればいい」と述べています。

確かに、目に見えないものも、見えるものも……、
身近な大人が子どもと一緒に感動体験をして、感動を共有する心のつながりを持つことは大事かもしれませんね。

その意味で言えば、私も含め もっと大人が元気になって、いろいろなものに感動する心を取り戻す必要があるのではないでしょうか。

子どもたちには、

相田みつをさんの作品に「うつくしいものを 美しいと思える あなたのこころが うつくしい」というものがありますが、うつくしいものを美しいと思える、そういう素直な心というか、感性を持つた子に育ってもらいたいですね。