想像を形に

イメージ 1

イメージ 2

H30.1.31

「うたの世界」の作品づくり。

各クラスとも、製作する作品のうたを歌ったり、うたに関連した絵本を見たり、子どもたちの想像を膨らませるようにしながら順調に作品づくりをしています。

帰りの時間に年中組のクラスを覗いたら、できたての羊が……。

クラスで製作している作品を見ると、何の曲か、とても気になりますね。

子どもたちに曲名を聞いたら、「●●●●●●●●●●●」

あれ!この曲に羊が登場してた?

歌詞を調べたら、確かに子羊が登場していました。

子どもたちの頭の中の想像を上手く形にできたらいいですね。

作品展の作品づくり

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

H30.1.29

今年度も作品展の個人作品と共同作品づくりが既に始まっています。

今年度のテーマは、「うたの世界」です。

先生たちの保育日誌を見ても、

「作品づくりは個人製作が日々少しずつ進んでいます。自分の作品が完成に近づいていくことが楽しいようです」

「作品の方は各パーツが徐々に仕上がってきています。合わせた時の皆の喜ぶ顔が今から楽しみです」…など。

まだ作品づくりは始まったばかりですが、どんな作品が出来上がるのか、保護者の皆さん、作品展を楽しみにしていてください。

平成27年度・28年度の作品は⇒こちらをクリック

東岩槻幼稚園への絵手紙

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

H30.1.25

お知らせです。

昨年の11月、12月と当園に在園し、1月からケニアに帰って小学校1年生(ケニアは1月から新年度)になったHちゃんが、クラスのみんなと一緒に絵手紙を東岩槻幼稚園宛に書いてくれている様子がキラキラのブログに掲載されています。


手紙そのものは、今日か明日に郵便局に出していただけるそうなので、早ければ1週間後、通常であれば2週間後に届くことになりそうです。園に届いたら掲示するなど、子どもたちみんなに見せてあげようと思います。

ところで、今、日本は雪が降って、まさに冬ですが、ケニアの子どもたちからしたら“雪遊び”は、やったことがないあこがれの遊びかもしれませんね。
そんなことを考えながら、今日はキラキラのブログを覗かせてもらいました。

雪を使った砂場遊び

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

H30.1.24

月曜日は、関東も大変な大雪となりました。

また、昨日は積雪のため、自由登園にさせていただきましたが、保護者の皆様にはご協力をいただきありがとうございました。

大人にとっては、雪が降ると雪かきをしたり、タイヤにチェーンをまいたり、普段しなくてよいことをしなければならなくなりますが、子どもにとっての雪は、降ってくるのを眺めたり、触れたりするだけでも楽しいものです。

今日は各クラスとも、砂場の周りの雪を使って大きな山を作ったり、おにぎりを作ったり、さらにそのおにぎりに砂をかけておはぎを作ったり…、

それぞれに雪をプラスして砂場遊びを楽しんでいました。

“明日もできるといいですね”

本日は自由登園になります

イメージ 1

イメージ 2

H30.1.23

本日は、積雪量が多く、通園バスの運行が困難であると判断しましたので、休園とさせていただきます。
尚、幼稚園は出欠に関係のない自由登園とさせていただきますので、保護者の方が送迎できる場合は、お弁当持参でお送りください。
※道路の状態、園の駐車場の状態とも、積雪量が多く、ひじょうによくありませんので、送迎の際は十分お気をつけください。

以上、よろしくお願いいたします。園長