子どもたちにかけたい言葉

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

H28.11.18

お遊戯発表会まで約3週間。

お遊戯が踊れるようになってきた子どもたちに“肯定の言葉”をかけるとすると、

かわいいね! かっこいいね! きれいだね! キラキラしてるね! 上手だね! 運動神経がいいね!

ほかにもたくさんの言葉があると思いますが、子どもたちが子どもらしく、のびのびと力を発揮できるよう、まずは肯定的な言葉をかけてあげたいですね。

七五三の祝いも兼ねたお餅つき

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

H28.11.16

年に一度の幼稚園のお餅つき。

ペッタン!ペッタン!ペッタンコ! お友だちの大きなかけ声の中、みんな上手に杵でお餅をつけました。

つきたてのお餅は、おいしかったかな?

幼稚園で行うお餅つきは、子どもたちが大きくなったことをお祝いする七五三の祝いも兼ねています。

これからもみんな元気に病気や怪我をしないで大きくなってくださいね。

運動会の絵画展示表彰式

イメージ 1

イメージ 2

H28.11.13

今日は、ワッツ東館1階で「運動会の絵画展示の表彰式」が行われ、当園からも2名の子どもたちが賞状をいただくことができました。

入賞されたお友だち、おめでとうございます。

個人的に“入賞”というのは、「ほめるよいきっかけ」ができたということだと思っています。

今回、賞状をいただいたり、まわりの方にほめてもらったことで、子どもたちの中に自信や安心感がプラスされたなら、うれしいことですね。

保護者の皆さんには、これからも機会を逃さず、上手にお子さんをほめていってほしいと思います。

本日は、おめでとうございました!

年中児の体育指導

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

H28.11.11

体育指導の様子を見ていると、マット運動にしろ何にしろ、すぐできる子もいればできない子もいます。

一足飛びにできるようになりたいと思うのは、人間の常かもしれませんが……。

紙を1枚1枚積み重ねていくように、小さなことを積み上げていくことで、できない子もいつの間にかできるようになっていくものです。

今日は後転の練習でしたが、先生ができるようになった子をすかさずほめて指導していたので、ほめてもらった子もうれしそうでした。

これからも運動がんばろうね!

友だちを応援する心

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

H28.11.10

今月行われるマラソン大会に向けて、どのクラスも園庭あそびの前に走ってから遊ぶようにしていますが、「自分はできる」という気持ちと共に育てたいのが「友だちを応援する心」です。

○○ができるまで、もう少し。そんなときに応援してもらうと大きな後押しになります。

応援されてうれしい気持ち、応援して友だちの力になれた喜び。

園生活の中には、友だちを応援できる場面がたくさん出てきます。

子どもたちには「がんばっているお友だちを応援できる」、そんな思いやりのある子にみんながなってほしいと思います。