夏祭り終了

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

H26.8.29

今年の夏祭りは、雨で2回予定が延期になりましたが、今日は雨に降られることもなく、盆踊り、おみこし、金魚すくい、花火など、予定通り終了することができました。 

写真から子どもたちの元気な様子が伝わるかわかりませんが、一人ひとりにとって、楽しい、よい夏祭りになったと思います。

お手伝いくださった年長組の役員さん、お迎えのご協力をいただいた保護者の皆さん、ありがとうございました。

先生たちもお疲れ様でした。C=(^◇^ ; ホッ!

教職員中央大会&幼児教育フォーラム

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

H26.8.26

昨日延期になった夏祭り、今日はできると思っていたのですが…

朝、天気予報を見たら、のきなみ傘マーク。

今日の私は、午後からお祭りができるようなら自園で準備、天候の関係でお祭りを延期するようなら全埼の運営のお手伝いと、天候に左右される形の予定になっていたのですが、結局は浦和まで行ってきました。

実は雨模様の今日、浦和の埼玉会館では、第28回(公社)全埼玉私立幼稚園連合会教職員中央大会&幼児教育フォーラムが1,000名以上の教職員の参加を得て開催されました。

第1部は、式典。

第2部は、幼児教育フォーラム。内容は【講演】「豊かな心を育てるには」 講師 薬師寺執事 大谷 徹奘先生、【表現遊び】…、【音楽の広場】…。

当園からも年少組の先生たちが参加しましたので、あとで感想を聞かせてもらいたいなと思います。

運営にあたられた理事、監事の先生方、お手伝いいただきました埼保会の皆様、お疲れ様でした。

○ショコラブログより教職員中央大会&幼児教育フォーラム 

子ども神輿修復

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

H26.8.24

いよいよ東岩槻幼稚園の夏祭りです。

幼稚園のお祭りには、毎年、先生たちが作ったお神輿3基と、私が作ったお神輿1基を出していますが、子どもたちが元気に担いでくれるので、どうしても直しの必要な部分が出てきます。

今年もお祭り後にしまっておいたお神輿を出してきたら、屋根に飾られている鳳凰が壊れていて… どう直そうかな? 
 
そんな中、昨日、ナックファイブスタジアムに、大宮アルディージャ対サガン鳥栖戦を見に行った際、売店で売っているアルディ君を見て、これこれ!

今年のお神輿は、鳳凰ではなく、アルディ君にさせてもらいました。

お神輿の上にアルディ君を飾って、子どもたちが元気に担ぐことで、大宮アルディージャの応援にもなるかと思います。

ここはさいたま市ですから…、

大宮アルディージャ、がんばれ! 今年も年長児へのキャラバン、よろしくお願いします。


埼玉県幼稚園教育研究協議会1日目+2日目

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

H26.8.21

今日は浦和で、公私立幼稚園、公私立保育所、公立小学校も含め、研究意欲のある多くの先生方が参加して「埼玉県幼稚園教育研究協議会」が開催されました。

私も運営委員として一日お手伝いしてきましたが、「特別支援」に関しての分科会が担当だったので、参加者と一緒に埼玉大学教育学部付属特別支援学校副校長 長江先生のお話を聴くことができました。

「発達障害のある子は、一対一ではほとんどわからない。

問題行動は、集団の中で起こります。たとえば、行為障害など。

※行為障害は、罪悪感が無く、友だちや小動物を傷つける。また、怒りっぽかったり、キレやすい。対人関係に不適応を起こす…。

また、仮に親が子どもの障害を認知していたとしても、受容できていない場合があるなど…」

今、幼稚園ではたくさんのお子さんをお預かりしていますが、親にとっては、どの子もかけがえのない子どもです。そのことを第一に考えながら、私たちも対応していかなければ……。

再確認の意味で、とてもよい勉強になりました。

参加された先生たちにとっても、明日の協議に向けてモチベーションが上がったのではないでしょうか?

長江先生、ありがとうございました。


追加、2日目 ☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆

H26.8.22

埼玉県幼稚園教育研究協議会、本日無事2日間の日程が終了しました。

指導助言者、司会者、提案者、記録者の先生方、運営に携われた先生方、又、参加された先生方、2日間お疲れ様でした。

☆埼玉県幼稚園教育研究協議会☆
  ショコラブログの記事より http://www.omiyamidorigaoka.ed.jp/blog/?p=24773

親からの学び

イメージ 1

H26.8.20

今日もクラス担任の先生たちは、午後からは個人面談です。

個人面談は、保護者の皆さんにお子さんの園での様子をお伝えしたり、ご家庭での様子を聞いたり、

情報交換的なお話が多いと思いますが…、子どもの性格には、先天的なものと後天的なものがあります。

先天的なもの、つまり生まれながらの性格には、ある程度、親の性格も受け継がれていると思いますが、
性格の形成は、後天的なもの、つまり育つ環境によって大きく左右されていきます。

とくに親子関係のような身近な家族の影響が、人格を形成するのに重要な要因となります。

子どもは、日頃の親の行動や言動を見て、さまざまなことを身につけていきます。

人への敬意も、素直な姿勢も、親の態度を見て学んでいきます。

そういったことで言えば、子どもへの教育は言葉だけでは通用しません。行動や態度で教えることが肝心になってきます。

我が子の行動を見て「あら、私のコピー」

なんて思ったことはありませんか?

「うちの子は、どうして… 」と思ったら、まず自分自身を振り返って見るのがいいかもしれません。