百匹目の猿現象

イメージ 1

H24.3.29

百匹目の猿という不思議な現象をご存知でしょうか。

百匹目の猿現象とは

宮崎県の幸島に生息する猿の群れのうちの一匹が、ある日、餌の芋を海水で洗って食べることを始めました。すると、ほかの猿達も、それをまねして同じ行動をとるようになりましが、その数がしだいに増えて一定数(例えば百匹)に達したときに不思議なことがおこりました。

その現象を知るはずもない、遠く離れたほかの土地や島の猿たちも、つぎつぎに芋を海水で洗い、食べる行動をとり始めたのです。

そこでアメリカの科学者ライフ・ワトソンが「一定の閾値を越えると、その行動は離れた場所の猿にも伝わるのではないか」と考え、『百匹目の猿現象』と名付けました。

しかし、のちに ライフ・ワトソン自身、『百匹目の猿現象』を創作と認めています。

創作=嘘ととらえる向きがあるようですが、私たちの意識が潜在意識のさらに深い潜在意識(超意識)の中で、≪皆がつながっている≫ということを考えた仮説としてとらえれば…

すなわち、よい行い、よい思いは少しずつ周囲に伝わり、ある人数の臨界点に達すると、時間や空間を超えて多くの人の思考や行動に影響を与え、正しい方向へ導いていく。どこかでだれかが、何かいいことを始めると、それを真似する人がつぎつぎにあらわれて、ついには社会全体に浸透していく… という仮説。

まぁー 個人的には、疑似科学でも 嘘でも、何でもいいのですけど。

未来を担う子どもたちのためにも、よい行動をする人間が増え、みんなが住みやすい平和な社会になってくれることを願うのみです。

そのためにも、「百匹目の猿現象」で言えば、私たち一人一人が一匹の猿の役割を果していかないといけないのかもしれません。

園舎見学

イメージ 1

H24.3.28

今日は、木更津市と四街道市にある2つの幼稚園を見学させていただきました。

お忙しい中、丁寧に対応してくださいました園長先生・理事長先生には感謝申し上げます。ありがとうございました。

がんばれ卒園生!

イメージ 1

H24.3.25

2012 J1リーグ公式戦 第3節 ジュビロ磐田VSガンバ大阪 戦

先ほど試合が終わり、2-1でジュビロ磐田が勝利しました。

前半に山本康裕選手が菅沼実選手のスルーパスに反応して、ゴールキーパーの股の間を抜くシュートで先制。
後半にも前田選手が倒され、自身で得たPKをきっちり決めて2点目。終盤に一点返されましたが、そのまま2対1で試合終了。チームは公式戦負けなし。

菅沼実選手も3節まで全てスタメン出場。
次こそは得点を決めて、ぜひとも存在感をアピールしてほしいですね。

1節. 3/10(土) コンサドーレ札幌に△0-0で引き分け
2節. 3/17(土) サガン鳥栖に    ○2-1で勝利
3節. 3/25(日) ガンバ大阪に    ○2-1で勝利

今後も菅沼実選手を応援していきま~す。

小学校卒業式

イメージ 1

H24.3.22

今日は地元の小学校の卒業式に招待され、出席してきました。

卒業生は75名でしたが、大変厳かで素晴らしい式でした。

特に校長先生の式辞は、印象に残りました。

「昔、ある人が地獄と極楽の食事の様子を垣間見たところ、両方とも食事の時間になると、たくさんのご馳走と1メートルほどある長い箸が用意されてきた。
どうやって食べるのだろうかと見ていたら、地獄の住人は食べようとするが、誰も口にすることはできず食事の時間は終了。
しかし、極楽の住人は、料理を自分の口にではなく、お互いに他の人の口に運んで、それはそれは楽しそうに食事をしたのだった。」

少し言い回しは違うかもしれませんが、人間社会にも思いやりや助け合いの心が必要だということを、寓話を元に子供たちにもわかりやすく話をされていました。

東日本大震災から1年、校長先生の式辞は妙に説徳力があり、聞き入ってしまいました。

本日、多くの小学校で卒業式が行われたと思いますが、卒業された皆さん、ご卒業おめでとうございます。中学校に行っても、小学校で培った力を元に大きく成長していって下さい。

終業式

イメージ 1

イメージ 2

H24.3.19

今日は終業式。

1年間を振り返ってのお話と春休みの諸注意、そして4月から新しいお友だちも入ってきて、一人一人がお兄さん、お姉さんになることの話をさせてもらいました。

しずかにお話も聞けて、さすが進級児d(^0^)b グッ!

お話の後は、1年間お休みしなかった子への皆勤賞の授与です。(^-^)//"" パチパチ

また、お休みしてしまった子にも“がんばりました賞”を全員に授与しました。

保護者の皆様には、今年度、いろいろな面でご支援ご協力いただきまして、誠にありがとうございました。