来月はおゆうぎ会

イメージ 1

イメージ 2

H23.11.28

もうすぐお遊戯会です。

子どもたちは本番に向けて、毎日張り切ってお遊戯の練習をしています。

お遊戯が上手にできるようになると ┗|∵|┓♪┏|∵|┛ 人に見せたくなるんですよね。

☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆

以下、先生の保育日誌より

「11月も残りわずかとなり、おゆうぎ会がだんだん近づいてきました。子ども達も、もうすぐだ!!

と意識している子も多いようです。

楽しみ!!がんばろう!!という気持ち満々なので、残りの日々をみんなと楽しくがんばりたいです。」

“0歳からの育児”お薦め本!!

イメージ 1

H23.11.27

本日、買い物に行った際、本屋さんで『<賢い子に育つ!0歳からのらくらく子育て>カヨ子ばあちゃん73の言葉』を購入して読んでみました。

この本はスイスイ読めるので、ちょっとした時間で読むにはとてもよい本です。
また、右ページにタイトル、左ページに内容と、読みやすく、要所にはアンダーラインが引いてあり、わかりやすいのも特徴だと思います。
切れ味鋭い中にも、やさしさやあたたかみのあるカヨ子さんの言葉の数々が詰まっています。


【プロフィール】
著者は、現在 79歳! の“脳科学おばあちゃん”こと久保田カヨ子さん。カヨ子さんは自らの育児経験と、夫で脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競(きそう)博士の脳科学理論に裏づけされた育児法を普及させるため、77歳! で「脳研工房」という会社を設立。子育て中のお母さん、お父さんたちに、赤ちゃんの「育脳法」を紹介している。

【カヨ子ばあちゃんより】
テレビ番組に出演したときに、「息子を東大へ行かせた」というところが強調されたために、
私のことを“赤ちゃんのときから東大へ行かせるための早期教育”を提唱している教育ババアだと思っている方がいるかもしれません。
とんでもない誤解です。

これからもどんな災難がやってくるかわかりません。
どうか、どんな状況であっても、“生き抜く”子どもたちを育てていただきたい!

私が3歳までが大切だと申し上げるのは、脳科学的にも“3歳までに脳のシナプス密度が最大になる”ことがわかっていることと、
それまでに両親がいろいろ手をかけておいたほうが、後々いろいろな意味で子育てがらくになることを、経験上知っているからです。
また、親のほうも、0歳から自分の子どもをよく観察し、
本書にしたがった子育てをしていただくことで、親としての自覚や自信も生まれてくると思います。
赤ちゃんはみんな、すばらしい才能を持って生まれてきます。
この“ギフト”を上手に活かし、開花させましょう。

年長組・年中組のマラソン大会

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

H23.11.25

今日は、年長組と年中組のマラソン大会。

朝、教室を回って「今日はマラソン大会だね」と言うと、子どもたちから「僕1位になるよ。私も 僕も…」

なんと1位になる予定の子がいっぱい。

実際1位には当たり前の話、一人しかなれませんが、みんな元気に走って大きな自信になったと思います。

見に来ていただいた保護者の皆さん、たくさんの応援ありがとうございました(^人^)感謝♪

明日は勤労感謝の日

イメージ 1

H23.11.22

明日は勤労感謝の日。

ひとことで言うなら、みんなのために働いている人に感謝をする日です。

園では一日早く、身近に働いているバスの運転手さんたちにみんなでシクラメンのお花をあげて、感謝の気持ちを伝えました。

“いつも運転をしてくれてありがとうございます。これからもよろしくお願いします”(*^▽^*)

年少組のマラソン大会

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

H23.11.21

今日は多くの保護者の皆さんが見守る中、年少組のマラソン大会が行われました。

いつもの練習と違う雰囲気に…

本番ということで緊張してしまった子もいれば、張り切っていつも以上の力を発揮できた子も
いたようです。

みんな小さな体なのに頑張って、全員が完走できました(*´▽`V=人☆パチパチ

ご声援いただきました皆さん、ありがとうございましたo(*^▽^*)o