1学期の終業式

イメージ 1

H23.7.20

今日は2Fホールに集まり、1学期の終業式を行いました。

はじめにみんなで「マル・マル・モリ・モリ!」を踊ったあとは、園長先生からのお話です。

|里蕕覆た佑砲呂弔い討いない。

交通事故には気をつけよう。

2憧鏸欅蕕砲蓮元気よく登園しょう。etc.


みんな4月の時と比べると、しっかり人の話を聞けるようになったと思います。

いよいよ明日から夏休みになりますが、家庭ならではの体験を存分に楽しみ、暑さに負けず元気に過ごしてほしいと思います。
保護者の皆さんには、今学期、多方面にわたり、ご支援ご協力をいただきありがとうございました。

島田紳助100の言葉

イメージ 1

H23.7.19

紳助さんの本を読んで~

島田紳助さんの著書「島田紳助100の言葉」の49番目に「ほめられる生徒」という見出しで、
「子供時分から先生にほめられるような生徒は、将来出世しないのです。それは、単に先生にとって扱いやすい生徒ということであって、つまりはその先生の常識を越えていないのです。ですから、幼稚園や小学校の時に先生から理解してもらえない子供は、叱るのではなく信頼してください。(●・ω・)ノ略-----」ということが書いてあります。

これについては、それぞれの考えですから肯定も否定もしませんが、この部分を読んでいて、ハーバード大学のローゼンソールという先生が行った「将来可能性発見テスト」を思い出しました。

たしか学校や幼稚園に実施した結果として、あまりパッとしないような子を選んで“将来伸びる可能性があることがわかった”と嘘のコメントを送ると、そういうコメントをつけられた子どもは、本当に伸びるということだったと思います。

今までは、この子は“だめなんだ”と見ていた。ところが可能性があると言われると、何を考えているんだろうかと、まわりが一生懸命汲み取ろうとする。そういうように対応していくと、子どもがぐんぐん伸びていくということなんですね。

この子どもの見方については、子どもに関わる先生や親がもっと大事にしていかなければいけない部分だと思います。

ところで、話は戻りますが、紳助さんの本、おもしろそうなので購入しましたが、読んで内容がとてもよかったです。。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!

なでしこジャパン、女子サッカーW杯 優勝

イメージ 1

イメージ 2

H23.7.18

女子サッカーワールドカップ2011、
現地7月17日(日本時間の18日3時45分頃)、
不動の王者アメリカと日本は決勝を戦い、見事に優勝を果たしました!

今までアメリカに1度も勝てなかった“なでしこジャパン”が、
なんと なんとワールドカップの決勝戦で 延長の末、
PKを制し、世界ランキング1位のアメリカに勝利!

なでしこJAPANが、ついに世界一になりましたぁ~!

★日本2-2アメリカ(PK戦 日本勝利)★

私たち日本人としては、本当にうれしい快挙な出来事です。

みんなで喜び合いましょう。おめでとうございます!

( *゜▽゜)/°・:*【祝】*:・°\(゜▽゜* )

今回のなでしこの活躍で、大きくなったらサッカー選手になりたい
という女の子も多くなるかもしれませんね。

(o*。_。)o なでしこJAPAN … 感動を Arigatou…o(。_。*o)

プールの様子

イメージ 1

H23.7.12

今日から~
プロカメラマンが7月4日に撮影した「プールの様子」が、写真販売サイト『はいチーズ!』に掲載されています。(バリュー期間は25日まで)

閲覧は先生と保護者の方しかできませんが、子どもたちの楽しそうな表情をログインしてぜひご覧下さい。

★はいチーズ

七夕会

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

H23.7.7

今日は七夕。

日本古来の年中行事の中でも、七夕は情緒あるロマンチックな行事の一つとして私たちの生活に根づいています。

幼稚園でも七夕会を行いましたが、年長児にはパネルシアターで、年中少児にはぺープサートで、先生たちがわかりやすく「七夕」の話をしてくれました。

みんな楽しそうに見て聞いていたので、七夕の由来が小さいクラスのお友だちにもわかったと思います。